本文へ移動

子どもの姿

もも組 「おにわあそびたのしい!」

戸外へ出れることが多くなり、好きな場所、好きな遊びがでてきた子どもたちは、金魚を見たり、アーチの階段に手をついて登り降りしながら探索を楽しんでいます。その中でも砂場セットは“なににしようかなー”とカゴのまわりを行ったり来たり…。“あっ!これ!”とうれしそうに手に取り砂遊びをしたり時には持ち歩いてみたり、探索できることが楽しいようです。

いちご組 「いらっしゃ~い」

おかいものごっこや、おままごとが楽しいいちごぐみのみんな。食べ物をお皿の上に置いて、スプーンを用意すると、「どうぞ」とお友だちにあげたり、料理を楽しんでいます。おかいものごっこでは、牛乳パック台やおもちゃ棚の上に、食べ物やジュースを並べて「いらっしゃ~い」と元気いっぱいの声が飛び交ういちごぐみです。

さくらんぼ組 「元気キラキラさくらんぼさん!!」

運動会のお遊戯パプリカをおひるねの起床時にかけると“パッ!”と目が覚めて踊り出すさくらんぼさん。歌ってノリノリです。寝床でうっすら目をあけている子は踊る子を見ています。外では園庭の片隅でおうちごっこ。「ここは〇〇ちゃんのおうちなの」と椅子を持ってきてお料理。楽しそうです。走るのも大好きなさくらんぼさん、保育士が鬼やヘビになって追いかけるとキャ~~嬉しそうに逃げていきます。

みかん組 「たのしみ!運動会!」

運動会が待ち遠しい子どもたち。外に出ると、「よ~いドン」とかけっこをする姿がたくさんありました。去年より、運動会に対する期待と興味が大きく膨らんでいます。ぶどう組、りんご組のソーラン節を見て「やりたい!」「かまえ!!」とポーズをしたり、早くも来年のソーランにも興味を持っている、みかんぐみさんです。

ぶどう組 「運動会に向けて少しずつ…」

クラスで話し合う時間を作り、どんなことをやってみたいのかを聞いたりしながら、運動遊びを楽しんでやっていきました。「みててね。なわとびはこうやってとぶんだよ」と、大繩を飛ぶのを練習中の友だちに、自分が飛んでいる姿を見せながら教えてくれる姿もありました。やってみたい姿を大切にしながら、楽しんで大繩や跳び箱を練習しています。

りんご組 「もうすぐ運動会!力を合わせるって…難しいね」

運動会に向けての取り組み一色のりんごさん。できなかった事にあきらめず、がんばる姿が見られ、できたときの喜びの表情はみんな素敵です。ソーラン節、リレー、玉入れ等は団体競技。1人1人ががんばる意欲をもち、力を合わせる大切さ、そしてそれが楽しさにつながるように取り組みも工夫していますが、難しさを日々感じます。特にソーラン節では、どうしたらかっこよく見えるか?リレーはどうしたら勝てるか…1つ1つリーダー中心に考えて、子どもたちからの意見も取り入れ、次につなげています。みんなで力を合わせて、満足できた表情はいいものですネ…!まだ3歩進んで1.5歩後退の日々ですが、着々と前に進んでいます。当日までまだ進化していきたいと思います。
TOPへ戻る