本文へ移動

子どもの姿

もも組 「ツンツンくすぐったいよ~」

Aくんがマットの上に寝転んでゴロゴロしていると、Bくんと目がパッチリ合いました。2人はしばらく顔をじーっ。そのうち、Aくんが「あははっ」と笑うと、Bくんも「えへへっ」と笑い返しました。BくんがAくんに手をのばしておなかをツンツンすると、それがくすぐったかったようで大笑いして転がり逃げるAくん。そして、チラッとBくんのほうを見て“くるかな?”と確認。再び目が合うとBくんはAくんを追いかけてもう1度、ツンツン!2人で何回も繰り返し笑い合って楽しんでいました。

いちご組 「はしるのたのしいね!」

最近、園庭に行くと「よーい、ドン!」と、1周2周…とぐるぐる走って楽しんでいます。1人が走り出すと、(わたしも…!)(ぼくも…!)と一緒に走っています。そして、おたのしみ子ども会の練習や歌や合奏が2階から聞こえてくると「なんのおと?」と興味津々で、耳を澄まして聞き入っています。

さくらんぼ組 「でんしゃがすきだよ、さくらんぼちゃん」

お散歩が好きなさくらんぼさん。「きょうはどこのこうえんいくの?」と聞いてきます。最近、公園のはしご…ではありませんが、公園で遊んだあと電車を見に行きます。NEXや横須賀線、湘南新宿ラインを見て「〇〇せん!!!」という事も増えてきました。あっという間になんでも覚えてしまうさくらんぼ組さん。「もっとみたいよ~~」の声を聞きながら後ろ髪をひかれつつ「またみにこようね~!!ぜったい!!」と約束するのでした。

みかん組 「ぼくは、オオカミ、ぶたさん」

おたのしみ子ども会で、劇遊び「3匹の子ぶた」をするにあたり、子どもたちの遊びも「わたしがぶたさんね」「ジャンケンしてきめよう」とおままごとやプラフォーミングで大きな家を作って楽しんでいます。園庭では、鬼ごっこ改めオオカミごっこに名前を変えて、思いっきり体を動かしています!
 

ぶどう組 「げきごっこたのしいな」

おたのしみ子ども会に向けて、劇の練習が始まりました。役決めのときにも「ぼくは〇〇やる」「わたしは〇〇やりたい」と自分のやりたい役を伝えてくる姿もありました。それぞれ、演じる鳥さんになりきり、動いたり、鳴き方をマネしてみたりと、体全体を使って表現していますよ。子どもたちのイメージを膨らませながら劇の練習を楽しんでいきたいと思います。

りんご組 「まだまだ収穫中」

5月に植えたピーマン、パプリカがまだ収穫できているりんごぐみ。先日植えたチューリップにお水をあげているときにピーマン、パプリカにもしっかり水あげしています。「まだ枯れないですごいね」「生きてるんだね」と大切にしています。ピーマンが苦手だった子が「食べられるようになったんだよ」と育てていたことがきっかけだったのは嬉しいですネ…!まだ花も咲いています。ピーマン、パプリカは小さいですが、いつまで収穫できるでしょうね…。
TOPへ戻る