本文へ移動

子どもの姿

もも組 「楽しいことがいーっぱい」

身体を動かして遊ぶのがだいすきな子どもたち。戸外だけでなく、室内でも活発に遊んでいます。牛乳パック台をいくつか繋げて橋を作るとその上でバランスをとりながらハイハイや歩いて渡ったり、巧技台の滑り台を何度も登って滑ってを繰り返したりしながら楽しんでいます。時々ままごとなどで遊びながら「もういっかい!」と興味の幅も広がっています。

いちご組 「おには~そと~ ふくは~うち~」

節分に向けて、オニのお面や広告紙を丸めて豆を作るなどして少しずつ“オニ”の存在を意識し始めるいちごぐみさん。壁に貼ったオニの絵に「おにはーそとー!!」と手作りの豆を投げて、まるで本番さながら!オニの絵を見て「おにさんすきー」「おにさんこわくないよっ」と一人ひとりの反応が違う子どもたち。2月にあるまめまき会ではどのような反応をするのでしょうか…。楽しみです!

さくらんぼ組 「お買い物楽しかったぁ!!」

寒さが厳しくなってきましたが、さくらんぼさんはパワー全開で元気に遊んでいます。お店屋さんごっこでは、自分で作ったお財布にお金を入れ、お買い物を楽しみました。店先に並んだ品物はみんなの目にはキラキラ光っていたことでしょう。慎重に品物を選ぶ子、お目当ての品物のそばにいて“おまけ”をゲットする子、買い物にも個性が出ていました。

みかん組 「みんなと一緒は楽しい!」

部屋を移行してから、ぶどう組さんと一緒に活動することが増えてきました。中でも合同で散歩に行くことが楽しく、刺激的。しっぽ取りでは、ぶどう組さんに負けないくらいの速さで駆け抜けます。「とられなかったよ!」「もういっかいやろう!」と友だち、お兄さんお姉さん、保育士を誘って体をたくさん動かしています!
 

ぶどう組 「おかいものたのしかったな!!」

待ちに待ったおみせやさんごっこの日。ウキウキワクワク、前日から何を買おうか決めていた姿も…。お店が開店すると、さっそくお買い物。「これください。」「いくらですか?」と自分から聞く姿もありました。「あまりかえなかった」「たくさんかえたよ」などいろいろな声が聞こえましたが、おかいものをした品物を嬉しそうに袋から出して遊んでいました。来年も楽しみにしているぶどうぐみさんでした~。

りんご組 「いっぱいおきゃくさんきてくれたね」

12月末より準備してきたお店屋さんごっこがどこのお店も繁盛して終わりました。当日の朝は「ドキドキしてきた」「これは1つしかないからあとでだす」(後半に取っておく)「いっぱいきてくれるかな」と緊張している表情もありましたが、次々とお客さんがくると「いらっしゃいませ~」「ありがとうございました」と声も大きくなっていました。また、何を買うか迷っている小さな子には「どれがいい?」「これは?」と優しい年長組らしい姿も見られました。自分たちも買い物を楽しめたようですが、買うよりお店屋さんのほうが楽しかったようですヨ。
TOPへ戻る